会話の中身は・・・?

15 May

会話の3〜4割は、自分の個人的な話であることが、最新の脳科学の研究でわかりました。自分の個人的な経験について話すと、脳の中から快楽のシグナルが出るそうです。みなさんにも、この実感がありますか?

http://www.pnas.org/content/early/2012/05/01/1202129109.short?rss=1

ある日、マクドナルドでお昼ごはんを食べていたら、隣の人たち(おそらく40歳代の女性二人)の会話が聞こえてきました。彼女たちは、30分以上同じトピック(子ども)について話し続け、それはすべて個人的な経験についてでした。そして、さらに驚いたのは、その会話内に相手への質問はほとんどなく、ただただ交互に自分のことをしゃべり続けていたことです。

日本語を勉強している皆さんの多くは、会話力を伸ばしたい!と思っているでしょう。上記の研究結果に習えば、会話力アップには、いろんなトピックについて自分の経験や、感じたことを言えるようになっておくといいようですね。そのためには、毎日の出来事と、その感想を日本語で考え、書いておくことが大事です。つまり、日記を書いておくのです。

「5月11日。今日は久しぶりに晴れた!天気がいいと、気持ちがいい。何でもできそうな気になってくる。でも、なんでこんな天気がいい日に私は仕事をしているんだ!腹立たしい!!」

毎日の小さなノートが会話力アップの鍵です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: