「気をつけて」に気をつけて!

22 Nov

先日、アメリカ人の友達がうちに遊びに来た。帰るとき、彼女は私に言った。

「気をつけて」

たぶん、彼女は英語のTake care! の意味で使ったのだと思う。でも何かへんな感じがした。よくよく考えると、日本では「気をつけて」は見送る側の人が言うフレーズだと気がついた。そしてその言葉の中には「帰り道に注意してください」、つまり「あなたが無事に家に着けるよう祈っています」という意味が込められていることがわかった。

日本では、旅行に行く人に対しても「気をつけて」をよく使う。「お気をつけて、いってらっしゃい」というように。つまり「旅行の安全を祈っています」という意味だ。英語であれば、「Have a good time!(楽しんで来てね)」のようなポジティブな言い方をするが、日本では相手が旅先で事件や事故に遭わないように心配していますよというメッセージを伝える。

もともと「気をつける」には「注意する」という意味がある。例えば、はさみを使っている子どもにお母さんは「気をつけてね」と声をかけるし、山道を歩くときは「すべりやすいから、気をつけてね」という。みなさんもどうぞ「気をつけて」を使うときは、気をつけてくださいね!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: