親切?おせっかい?

27 Jul

親切?おせっかい?

日本のサービスは丁寧で、質が高いことは世界でも有名です。電車、レストラン、デパート、ホテル、どこに行っても、だれに対しても、安定的で同じようなサービスを受けることができます。とにかく「親切」なサービスです。

みなさんは、「おせっかい」という言葉を知っていますか?「おせっかい」とは、過剰な「親切」のことで、「余計なお世話」とも言われます。「親切」は好かれますが、「おせっかい」や「余計なお世話」は嫌われます。どちらが「親切」でどちらが「おせっかい」なのかは、受け取る人によって違います。

次の例は「親切」ですか?それとも「おせっかい」でしょうか?

1レストランやコーヒーショップで

「お熱いので、お気をつけください。」

2.映画館で

「この映画には途中、演出として前半と後半の間に5分のインターバルがあります。しかし、5分が経過するとすぐに後半が始まります。トイレに行ってしまうと、後半はじめのシーンを見逃す恐れがあります。お気をつけ下さい。」

3.空港のアナウンスで

「本日、悪天候のため、この飛行機はゆれることが予想されます。離陸後、20分はトイレに行くことができないため、ご搭乗の前に、必ずトイレをお済ませください。」

4.ホテルで

「朝食の時間は6:30から10:00までとなっておりますが、8:00すぎは大変混雑いたしますので、7:00台をおすすめいたします。」

子ども扱いされていると感じる人もいるでしょうか。

日本人は上記のケースを親切だなと感じる人が多いと思います。逆にこれを伝えないと後で日本人のお客さんは苦情をいうのかもしれません。みなさんはどう感じますか。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: